FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Proxyサーバー役割

Proxyサーバーの役割としては掲示板とかに書き込みする人など生IPを特定されにくくするために使っている人がほとんどだとは思います。

大まかな役割としてはProxyキャッシュでデータがキャッシュされているのでwebアクセスの負荷を低減させます。でも今となっては回線のブロードバンド化でそれとしての機能にメリットは感じられない。

webアクセスログがProxyサーバーからのアクセスになるのである程度は身元を隠せる

掲示板の悪用なので警察沙汰になったらまずProxyのログを調べるためにまず最初にサーバーの管理者に取り調べがくることでしょうw捜査に時間かかるので警察としては厄介でしょうが。

一番の便利?な使い方としては、ローカル側にProxyサーバーを置いてそれ経由でインターネットしているところなどでは、様々な管理ができます。

社内でインターネット環境があるところでは、どこにアクセスしたかどうかとか、いやらしい使い方ですが、分かりますw

また特定のサイト2chとか見ようとしたら


のようなメッセージをだしてアクセス制御できますよ。

自分の環境ではsquid proxyを使って動作検証しました。

/etc/squid/error/ERR_ACCESS_DENIED
のHTMLファイルをカスタマイズすればお好きな警告メッセージをだせます。
社長の顔もしくはお局の顔をいれとくと効果あるかもしれませんw

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://ikedasan.blog90.fc2.com/tb.php/100-767043fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。