FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下載

昔仕事で台湾の人妻wのデスクトップPCにインターネット設定することに。

そこで台湾の友達と話もしたいとのことで、スカイプも導入することになったわけですが

ダウンロードもしなくちゃいけません。そこで画面にでてくるskype下載をクリック!

これってなんて読むのか分かんなかったので聞いてみたw

「シャーサイ」って教えてくれました。(そう聴こえた)

やったね。一つ言葉を覚えましたw

なんだかんだで、しばらく月日が経ったある日。

台湾の人ばかりの留学生のアパートにインターネットの設定に行ったわけです。

次はピンク色のノートPCを使っていた台湾のコギャルwのインターネット設定です。

セットアップっていうほどでもないけど、設定終了。

その子はよほど早くネットに繋ぎたかったのか早速ブラウジングしてました。

自分は動作確認っということで横から画面を眺めていたところ。

みなれた「下載」っていう言葉が~~~!

自分は思わず「シャーサイ!シャーサイ!」って言ってしまったw

ニコニコしながらコギャル日本語で「ちょっとちがう、シャーザイ」「英語でダウンロードのこと」

英語でダウンロードって言う意味は分かっていたけど、シャーザイっていうのが正しい発音だったのか~

間違いを指摘してくれました。

自分はそこで「シャーザイ。シャーザイ」何度も発音練習してましたw

コギャルもそれを聞いて頷いていた。(発音よかったのかなw)

http://atpedia.jp/matome/下載


iphoneで光電話

新サーバーは現在構築中ですが、どうせならホームネットワークもすべて見直そうと構想を練っています。

iphoneのアプリでisipっというものがあるのですが、それを光電話に収容してみようと思いたちました。

まずその利点です。
1.携帯を子機のような使い方ができる。
2.通話料金が安い。
3.外出していても光電話を使える。
4.出先から内線のような使い方が出来るので通話料が無料。また逆も無料。
内線1~7までプリセットできます。内線同士ならタダ

NTT西日本の光プレミアムの環境ですが
まず光のVoipアダプタのプライベートネットワークにiphoneを参加させなくてはいけません。

CTUのLAN側にVoipアダプタには接続できません。ローカルアドレスが違ってきますしVoipのWAN側はCTUからの接続になっています。アドレス自体を設定上合わせようとしても怒られます。

どうするかといいますと、
CTUのルータ機能は使わないことにしますので、CTUのpppoeセッションを使ってルータをつなげます。そのルータのローカルアドレスは192.168.1.1とでもしておけばよろしいかと、それはvoipアダプタのLAN側のアドレスも192.168.1.xになっているためです。

voipアダプタのDHCP機能を使わない設定にしてvoipアダプタのIPあどれすを192.168.1.4とでもしておきましょうか。

LANケーブルをvoipアダプタのLAN側とルータのLAN側をつなぎます。

       --wan------router-|
       |              |
onu-----ctu            lan
       |              |
       -wan-------voip---|

この時点でルータにむかってiphoneでwifi接続するとvoipも同じプライベートネットワークにいることになりますね。

あとはvoipアダプタの設定です。ブラウザから192.168.1.4で設定します。

AD200-SEでは内線設定のところで内線3としてipphoneを増やして、ユーザー名とパスワードを設定すればよろしいです。

iphoneのアプリでiSipっていうのを今回使いました。
IMG_0120.png

アカウント設定
Domain 192.168.1.4 < voipアダプタのIP
Username 3 < 内線番号
password < ユーザーのパスワード
>Advance Auth Username < ユーザー名
Registration Timeout 3600

外で使うためにPPTPサーバーに向かってiphoneからVPN接続。

iphoneでは標準でVPN接続が付いてます。

んで使ってみたところ送話の音声がよろしくなかったw

パケット通信で音声はちときついのかもしれないな。

シルバーウィーク

シルバーウィーク中に出かけたところの一つである「樹海」

大森林で囲まれていまして空気もおいしい所でした。

連休中は富士山が厚い雲で覆われていまして。一度も拝めなかったのが残念でした。

富士山の近くに向かえば向かうほど霧が濃くなっていき、小雨が降ってる状態…

我ながら雨男ぶり健在ですw



樹海奥深く進んでいきますと、帰り道がわからなくなるとのことですが、どうなんだろう…

回りどこを見ても森だらけのところでぐるぐる回ったら迷いそうですが。

ダンマスのスカルキープみたいな世界です。

ここは途中水源とか無いので迷ったらやばいです(汗)

途中クリーチャーである熊とか出てきたら木と木の間をジグザグに逃げようとか考えてましたw

倒して肉にとかむりっぽ

jyukai2_convert_20090927201602.jpg

↓山中湖から河口湖に向かう途中に立ち寄った吉田のうどんって所で食べたアラキうどん。

なかなか美味しかったです。麺が固めで食べ応えありましたよ~。
udon_convert_20090927203926.jpg



FDDの終焉

フロッピーディスクドライブの生産が打ち切りになるようですね…

まあわても、レトロPCとのデータのやりとりにぐらいしか使ってないですけどね。

フロッピーってバックアップ用途には不向きなのでいたしかたないですね。

大容量のデータをバックアップするのであれば、やはりテープですかなw

今でもサーバーのデータバックアップはテープ使っているところが結構多いですしね。

RAIDのHDDとかで大容量のバックアップすれば安心とかもありますが、人為的な事故(ファイル消去)の場合は修復できませんからね~

手っ取り早さでいえばミラーリングしつつ、外付けのHDDにバックアップが一番効率良いかな。

なんだかんだで昔8インチフロッピーを使っていた時代がフィードバックしてきましたw

↓IBMのSeries1っていうコンピュータです。知っている人はほぼいないでしょう…
4506VV4024.jpg


ブルーレイ

blu-ray vs HDDVDで次世代DVD規格は結局blu-rayになりましたけど、blu-rayって少なくとも自分の周りではそんなに普及しているわけでもないような気がする。

ps3のソフトはblu-rayですけどね。

一枚50gbとか大容量のデータが書き込めるわけですが、ブルーレイレコーダはそんなにほしいとは思わないんです。

dvdと同サイズで結構かさばりますし、円盤のメディアなのでシーク時間とかありますし、DVDが大容量になっただけってところが理由。

最近ではSDメモリカードが安価で買えますので、それにデータをバックアップしたほうが楽チンです。

USBに挿して簡単に扱えますし、読み込みも早いです。

でそのSDメモリカードの容量が大きくなり値段も安価になっていけば、ブルーレイなんてめんどくさいもの使わなくなっちゃいそうですね。
機器も小型化できるメリットもありますし、車載用にも向いているからね。

何年後になるかは分かりませんが、おそらくCDやらDVDなどの円盤型のメディアはあまり使われなくなるだろうと予想してみる。PSPgoもUMD無くしたぐらいですからね~

HDDもSDDに変わっていくだろうし、音楽や映像もメモリカード型になっていくでしょう。

課題はどういうコピーガードをするかどうかだけの問題ぐらいかな……

テープ時代からメディアを扱っている私が言うので説得力ありませんか?w


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。